sdg_logo_edited.jpg

農場舞台とは

農場舞台は2016年12月に設立され、本格的に活動を始めたのは2020年6月です。

埼玉県坂戸市毛呂山町にある約300平方メートルの農地計70カ所を管理する「神田大浦農場」を中心に、同じ毛呂山町にある約2,000平方メートルの「旬農園」、そして鹿児島県日置市吹上町にある「ベンツ農園」を舞台に、農業従事者、からだのインストラクター、医師、経営者、デザイナーらが集い、自然の中で創造性を開発しながら「だれも置き去りにしない」世界を目指し「持続可能な開発目標」に挑んでいます。

IMG_7330.jpg

会社概要

<名称と由来>
一般社団法人 農場舞台協会

 都市部や効率を極限まで追求した組織に比べて、農場は懐が深く多様な働き方が許される。ともすれば厄介者扱いされてしまう高齢者や(いわゆる)障害者が、農場では主役となって活躍できる。

 また高齢者や(いわゆる)障害者が過ごしやすい農場は、(いわゆる)健常者や働き盛りの若者にとっても居心地がいいのではないか?

 農場には、現代日本の暮らしや職場から失われがちな血の通ったやりとりと、呼吸のしやすいスペースがある。大声を出し、転がり、飛び跳ねたり、汚れたり、喧嘩をして仲直りをしたり、共に過ごせる場がある。

 農場では、毎日さまざまなドラマが起きている。シェイクスピアは農場にいる。21世紀は農場が舞台だ。

<主たる事務所>
〒145-0073 大田区北嶺町8-15 レジデンスS 101 
<法人成立の年月日>
平成28年12月21日
<目的等>
目的

当法人は、新規に農業参入を希望する人々を支援し、新規参入者が農業事業者として自立するまで、農業運営全般について援助することを目的に次の事業を行う。

  1. 新規農業参入者に農業の基本を研修する場を提供し、農業を事業として展開するための知識、技術の習得を支援する。

  2. ​自然農業研究、開発のための実験農場を経営する。

  3. 農業体験農園の運営。

  4. 農産物の生産、加工、販売。

  5. 農産物の貯蔵及び運搬。

  6. 農業生産に係わる作業委託。

  7. 貸し農園の運営。

  8. 農園休憩宿泊施設の運営。

  9. 農業生産に必要な資材、設備の製造販売。

  10. 農作業の代行、請負、受託。

  11. 農業共同利用施設の設置。

  12. 有用食品を研究開発する個人及び組織を、資金、人材、設備機器の調達、及び組織運営面の支援事業を行う。

  13. 開発した製品及びシステムの商品化並びに販売を行う。

  14. ​前各号に掲げる事業に付帯又は関連する事業。

<役員に関する事項>
代表理事

神田大嗣

理事

神田大嗣

村井友貴

林栄治

山口登司

新井潤

監事

渡辺慎也