SGDs 海外パートナー
sdg_icon_03_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_14_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_06_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_12_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_17_ja_2_edited.jpg
IMG_1981.JPG
sdg_icon_03_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_12_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_17_ja_2_edited.jpg
バンコクとチェンライで
​米糠酵素風呂運営

2015年にタイ国チェンライ、2018年にはタイ国バンコク都で米糠酵素風呂を始めたDATA & COMMUNIQUE EXPRESS社は農場舞台の海外パートナーです。持続可能なエネルギーとして微生物の力(発酵)を利用しています。

(達成率:2021年4月現在200%)

IMG_1983.JPG
sdg_icon_17_ja_2_edited.jpg
酵素風呂の技術移転

タイ国チェンライの酵素風呂「バーンパサーン」はタイ人だけで運営されています。

(達成率:2021年4月現在200%)

IMG_1984.JPG
sdg_icon_14_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_06_ja_2_edited.jpg
酵素風呂に使う素材

米糠を微生物の力では発酵させるために使う水は、埼玉県のフリーエネルギー研究所「テネモス社」の製品「マナウォーター 」から出る水です。フィルターで不要なものを取り除くのではなく、圧をかけて水にエネルギーを与え「腐らない水」「元気な水」を微生物に与えています。また、海洋資源の海藻も微生物に与えています。

(達成率:2021年4月現在200%)

sdg_icon_01_ja_2_edited.jpg
sdg_icon_03_ja_2_edited.jpg
タイのお寺に酵素風呂

タイの古都チェンマイのお寺の敷地内に酵素風呂を作ります。利用料は寄進という形になります。富めるものも貧困にあえぐ人もタイのお寺で米糠酵素風呂を利用でき、免疫力を高めることができます。

(達成率:2021年4月現在50%)

sdg_icon_17_ja_2_edited.jpg

タイでのSDGs活動

コーディネイト

1989年から駐在員としてバンコク の法人向けに日本の通信社から仕入れたニュースや現地情報を配信してきました。

 

タイ人の訪日促進事業にも数多く関わり、多くの自治体の公募案件にも参加しました。今、タイのお寺といっしょに酵素風呂の普及に努めています。タイの山岳民族の子供らに日本のそろばんを教えてみたいと思っています。

 

御社が国際社会貢献としてタイで何かなし得てみませんか? タイでのSDGs的現地パートナー探しからコーディネイトをお手伝いします。